2016年4月1日金曜日

大震災はデフレ脱却のチャンス!

5年前の東日本大震災の被害額は、最大で25兆とのことです。
しかし、これには福島原発の賠償や計画停電等による賠償の分は含まれていません。
仮にこれらを15兆だとすると、合計で40兆になりますね。

40兆といえば、今のデフレギャップが通説では40兆です。
ということは、日銀がお札を40兆円分を刷って、市場に投入するだけで、デフレ脱却ができますね!

これなら、税金も上げる必要が無く、まさにデフレ脱却の妙案です。
とにかく、東日本大震災の復興を行うことで、仕事が増え、雇用が促進され、お金が沢山流れ出せば、好景気になり、17年間続いた不況も終焉させることができるのです(たぶん)。

ちなみに、デフレギャップのおさらいです。
つまり、現状のデフレギャップは、供給が需給より40兆多いわけで、震災復興の需給で40兆を使って、プラスマイナスゼロにするわけです。

すると、デフレギャップはゼロになり、デフレ脱却ができるのですね。
もちろん、インフレにもなりません。

とにかく、政府と日銀がケチケチせず、震災復興ための需要に円をドンドン市場に供給するだけで、震災復興ができ、景気も良くなるのです!

すると、給料も上がり、生活が安定して、自殺者は激減し、若者は結婚ができ、子作りもでき、人口が増え、人口問題も解決していくのですよ!

また、話は違うけど、今回のことで原発の危険性が見直され、自然エネルギー系(太陽光、波、地熱、風)に転換していけば、環境問題も解決されるのです。

よって、デフレ脱却以外にも今問題になっている、雇用問題(大不況)、人口減少、自殺増加、CO2削減等…、ほぼすべての問題が解決し、日本人全員が幸せになれるのです!

0 件のコメント:

コメントを投稿