2016年3月27日日曜日

日本が経済破綻しないわけ!

日本の場合は、ほぼ100%の円建ての借金なので、日銀が円発行を幾らでも出来るので、破綻することはありません。
しかも、94%は日本の金融機関への借金なので、益々、破綻することはありません。

つまり、借金返済は、基本的に日銀(印刷局)がお札を刷るだけで返せるのです。
しかも、貸した相手は、日本の金融機関で、その金融機関は国民から借りて(貯金)いるので、間接的に我々国民が国へ貸しているのです。

ということで、破綻しようにも破綻できないのです。日本は。

破綻になるケースは、ドル建てで借りるとか、外国から借りるとかした場合で・・・、日本の場合は、円建て借りて、かつ、ほぼ国民から借りているので、破綻することはないのです。

ただ、18年前から始まったデフレ不況(緊縮財政)をなんとかしないと、生活がどんどん苦しくなるのは確かです。
なので、電気自動車、太陽光発電リニアモーターカー農業自給率向上、老朽化したインフラの再築…等で内需を拡大させ景気をよくすれば、かつての一億総中流時代に戻すことができると思うのです。
とにかく、景気回復すれば、税収財源不足、失業、自殺年金不足、少子化、結婚できない…等の、ほぼすべての問題が解決するはずなのです!
(補足:ギリシャやアイスランドが破綻したのは、外貨建ての借金だったから)

0 件のコメント:

コメントを投稿