2016年3月2日水曜日

日本国借金の大ウソ?

日本国の借金が1000兆以上あり、利子の返済だけで毎日400億のお金が消えている!
そして、国民の一家族が1500万以上の負債額がある…なんて良くマスコミや評論家が言っていますが…本当でしょうか?

確かに借金は本当らしいのですが、しかし、日本国が借金している相手は、実は我々日本国民なのです。
つまり、国民一家族の1500万以上の負債額は、実は逆で、我々が日本国に貸した金額なのです(正確には預金等で間接的に貸した金額)。

なので、よく言われるように『子孫へ借金の付けを回してはいけない』とかは、実は考えなくてもいいのです。

日本は世界一のお金持ち国家だということです。



0 件のコメント:

コメントを投稿